キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこと

キャットフードは様々なメーカーから、様々なタイプのものが発売されているので選ぶのが難しいですよね。

「パッケージに安心安全って書いてある。」「価格が安い。」「CMでよく見かける。」等、キチンとした知識を持って選んでいる方は少ないのではないのでしょうか。
筆者も猫を飼っているのですが、飼い始めの頃はそうやって選んでいました。

しかし、ポイントをいくつか押さえておけば、“本当に”安心安全なものを選ぶことが出来ます。
今回は、キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいことについて、詳しく紹介していきます。

主食として与えることが出来る(総合栄養食)

一番押さえていただきたいポイントは、総合栄養食に分類されているキャットフードであることです。
ドライキャットフードは、総合栄養食に分類されますが、ウェットキャットフードは一般食(副食)や間食に分類されているものがあるので、選ぶときには注意が必要です。

総合栄養食は猫の主食となるキャットフードで、水と一緒に与えていれば一日に必要とする栄養を摂取することが出来ます。
一般食(副食)や間食は、おかずやおやつの役割なので栄養を摂るには不十分です。

必ず“総合栄養食”と表示されているものを選びましょう。

主原料が動物性タンパク質である

主原料とは、キャットフード裏面に表示されている原材料欄の、一番左側に記載されているものです。

猫は肉食動物なので肉や魚の消化を得意とし、穀物の消化を苦手としています。
しかし、市場に出回っているキャットフードの多くは、コストを抑えるため主原料が穀物のものばかりです。
穀物は食物繊維が豊富に含まれているので、毛玉ケアや便秘解消してくれるメリットもあるのですが、腸に負担をかけてしまうことは確かです。
穀物不使用のキャットフードもありますが、値段は市販のものに比べて高くなります。

ですので、小麦・大麦・米・玄米・とうもろこしが主原料になっているものは、最低限避けてあげましょう。

また、主原料がタンパク質と言っても“4Dミート”と呼ばれているものを使っている製品は避けましょう。

「D」EAD=死んでしまった動物の肉
「D」ISEASED=病気だった動物の肉
「D」YING=死にかけだった動物の肉
「D」ISABLED=障害のあった動物の肉

4Dミートはこのような粗悪なタンパク質です。
パッケージには、○○ミール、○○パウダー、肉副産物粉といった表示がされているので、注意して選んであげましょう。

猫のライフステージに合っている

猫は年齢によって必要な摂取カロリーが違います。
子猫は1年で人間の20歳分歳を取るので、成長の為にもかなりのカロリーが必要です。
逆にシニア猫は運動量も減り、代謝も悪くなるので低カロリーな食生活をする必要があります。

キャットフード売り場には、子猫用・成猫用・シニア猫用といった、年齢別に分かれたキャットフードが置いてあるので、飼っている猫の年齢に合わせたキャットフードを選びましょう。

全年齢用キャットフードという製品は、年齢に合わせて餌の量を調整するだけでいいので、ライフステージごとに餌を変える手間を省くことが出来ます。
また、どの年齢の猫にも安心して与えることが出来るよう、原材料から製造工程までこだわった製品が多いです。

ライフステージ別のキャットフードと比べて価格は高くなりますが、選んでも後悔はしないキャットフードです。

おわりに

国産で安心安全!と書かれているキャットフードでも、原材料欄を見てみると穀物が主原料だったりします。
キャットフード選びはこだわりだすとキリがないですが、最低限のポイントを抑えることで、猫にとってより良い食生活を送ってもらうことが出来ます。
キャットフード選びの参考にしてみてくださいね。