キャットフードを酸化しないように保存するには?

キャットフードは鮮度が命です。
酸化したキャットフードは食いつきが悪くなる他、猫の健康を害する恐れがあります。
今回はキャットフードを酸化しないように保存するにはどうすればいいのか、詳しく解説していきます。

キャットフードが酸化するとどうなる?

キャットフードは空気に触れると酸化します。
酸化することで、含まれている成分の性質が変わってしまいます。
そのため、折角良質なキャットフードを与えていても、キャットフードが酸化していたらその栄養が損なわれてしまいます。。

また、脂質は酸化すると過酸化脂肪酸という成分に変わります。
過酸化脂肪酸はコレステロールと結合すると悪玉コレステロールになり、動脈硬化やガンの原因になる可能性があります。
酸化したキャットフードを与え続けることで、下痢や嘔吐、皮膚の発疹の原因にもなるので注意が必要です。

酸化したキャットフードの見分け方

ドライキャットフード

ドライキャットフードは乾燥しているので、見た目で酸化を判断することが難しいです。
器に盛って半日以上経っているものは酸化している可能性があり、キャットフードの香りも飛んでしまっているので下げましょう。

また、触ってみてベタベタしているようなら、そのキャットフードは完全に酸化しており猫に悪影響なので、残量がどれだけ残っていても捨てましょう。

ウェットキャットフード

ウェットキャットフードは含まれている水分量が多いので、酸化しやすく傷みやすいです。
見た目で分かりにくいドライキャットフードとは違い、色やニオイが器に出したときと全く違うものになるので、見た目での判断はしやすくなっています。

しかし、見た目が変わってから酸化していると気づく場合、猫が間違って食べてしまっている可能性もあります。
ウェットキャットフードは器に盛ったあと30分以上放置することは避け、与えたときに猫が少しでも口を付けて放置していた場合は、雑菌が繁殖する可能性が高いので捨てましょう。

キャットフードを酸化させないための保存方法

ドライキャットフード

未開封時は高温多湿を避け、冷暗所で保存しましょう。
開封後の賞味期限は約1ヶ月ですが、それは正しく保存した場合です。
空気に長時間触れることでどんどん酸化は進んでいくので、ジップロックや蓋の閉まる容器に小分けし、長くても一週間以内に食べ切るようにすることがキャットフードの美味しさを保つ秘訣です。
脱酸素剤や乾燥剤を容器に入れておくことで、さらに鮮度を保つことが出来ます。

ウェットキャットフード

未開封時は高温多湿を避け、冷暗所で保存しましょう。
開封後は必ず1日以内に食べ切るようにし、猫に出したものは30分以上放置せず、最初に口を付けたまま食べないようなら勿体ないですが捨てましょう。
口を付けていないものは、ラップをして冷蔵庫で保存しましょう。
冷蔵庫に入れておいても、1日以内の賞味期限は変わらないので注意してください。

おわりに

酸化したキャットフードは、栄養が損なわれていたり健康を害する恐れがあるので、食べても猫にいいことがありません。
猫の主食になるものなので保存方法を守り、毎日新鮮なご飯を食べてもらいましょう。